不足している栄養素が補える|葉酸サプリで体イキイキ

女医

女性特有の疾患には

病院

女性が持つ特有の疾患や悩みを解決してくれるのが婦人科です。産科とは違い分娩はできないので、妊娠してからは産科にいきます。デリケートな悩みになるので女医がいる方が安心です。大阪には数多くの婦人科がありますが、オシャレな恰好でいけないので、家から近いか車で行くことができるクリニックを選びます。

Read More..

不妊に悩む方には

女医

京都市内には有名な産婦人科もたくさんあり、不妊治療を得意としているドクターも多数います。不妊治療を目的として産婦人科に通う場合は、まず産婦人科の得意分野を調べておきましょう。適切な治療を受けることで、妊娠につながります。

Read More..

胎児の成長に必要です

栄養補助食品

時期で摂取量が変わる

厚生労働省の推奨量として、妊娠時には葉酸を1日あたり400μg摂取したほうが良いとされています。食品の中から摂取する量だけでは400μgを摂取することはできませんので、葉酸サプリを飲むことで補給することがおすすめです。葉酸サプリを飲むときには、妊娠前や妊娠後期などでは摂取するべき量に違いがあることを注意しておくことが大切です。妊娠初期のうちは400μgの摂取が必要になってきますが、16週を超えたあたりから胎児の成長過程において1日あたりの葉酸の摂取推奨量は240μgとなります。妊娠中期ごろになると鉄分が多く必要になることから、母体が貧血になる可能性がありますので、ビタミンなどをバランスよく配合してある葉酸サプリを飲むことがおすすめです。

添加物を避ける

葉酸サプリは配合されている栄養素の量にだけこだわるのではなくて、添加物や脂溶性ビタミンが含まれていないか確認しておくことが大切です。添加物などは過剰に摂取してしまうと、母体や胎児に悪い影響が出ますのでできるだけ避けておいたほうが良いです。葉酸サプリを選ぶときには、どのような添加物が含まれているのか確認してから購入することが重要です。海外で製造されている葉酸サプリの中には、1錠飲むだけで1日の摂取量を超えてしまうものがあります。1日あたりの限度量は1000μgとなっていますので、1錠に含まれている葉酸の量に注意して飲むようにしましょう。天然葉酸を配合している葉酸サプリの他にも、合成成分を使用しているものもあります。合成葉酸の場合には肝臓にたまりやすい性質があるために、摂取量が過剰になってしまう可能性が高くなります。

幸せな出産が出来ます

看護師

梅田には多くの産婦人科があります。幸せな出産をして赤ちゃんを迎えるためにも、評判の良い産婦人科を選ぶようにしましょう。男性の先生に抵抗がある方は、女医がいる産婦人科を選ぶと相談などもしやすいのでおすすめです。

Read More..